ADHD サプリ

ADHDとは?どんな状態のこと?

 

大人のADHDというのは大人になって出てくるものではなく子供のころから不注意、多動性、衝動性という症状に悩んで対策をしていてもそれでも改善が見込まれないで私生活に悪影響を及ぼしてしまうものをいいます。

 

症状の変化に関して、まず多動性は子供の頃は落ち着いて座っていられないことが多かったのですが、大人になったら貧乏ゆすりなど目的もなくしてしまうことや、子供の頃に遊びに大人しく参加することが出来なかったものが大人になると落ち着かないなどがあります。

 

衝動性だと、子供の場合は質問が終わる前に答えてしまうことがあり、大人だと思ったことをすぐに口にしてしまうということがあります。また、欲しいものがあればダダをこねる子供だった方が大人になって衝動買いをするというのも一つの衝動性の症状になります。

 

不注意に関しては子供だと勉強において不注意で簡単なミスをすることになりますが、大人になれば仕事で不注意で簡単なミスをしてしまいます。また、子供の頃に忘れっぽいことが多く、大人になればなくしものが多いなどもADHDの症状になります。

 

もちろんこういった症状があるからといって全員が全員ADHDというわけではありませんので、もし少し不安だと感じているのであれば一度医師に相談してみるといいでしょう。

 

他の要因なども併せてADHDと総合的に判断することになりますので、これだけをみて自分はADHDだと卑屈になる必要はないということを覚えておきましょう。とにかくまずは医師に相談して、もしADHDであれば治療を始めるようにしましょう。

 

大人と子どものADHDの違い

 

ADHDの症状として落ち着きがない、すぐ忘れる、片付けられない、ケアレスミスが多い、だらしないなんてことをよく言われることがありますが、これは発達障害の一つであり、しつけや性格が問題という分けではありません。また治療に関しては薬物療法や行動療法になります。

 

もし自分がADHDと感じたら医師に相談するという選択肢もあるのですが、自分で改善するということも十分に可能になりますので、まずは自分で出来ることからやってみてはいかがでしょうか。また、ADHDにも長所がありますので、その長所について今回は説明したいと思います。

 

まず具体的な症状を把握していてもらいたいのですが、まずADHDというのは落ち着きがない、動き回ってしまう、気がちりやすい、物忘れが多い、ケアレスミスが多い、複数の仕事をこなせない、頭の中がごちゃごちゃする、片付けが出来ない、熱しやすく冷めやすいというものがあります。

 

大人になれば多動性はある程度落ち着きますが、不注意や衝動性がなくならず酷くなってしまうこともあります。重度になれば家庭内暴力などに陥ってしまうこともあり、仕事などでも信用を失ってしまうことがあります。

 

治療法としては環境を改善することが重要ですが、薬物療法もあるので、それを併用しながら改善していくようにしましょう。また、こういった症状を利用して仕事を選ぶということも重要になります。自分を理解した上で仕事を探して、その仕事をやっていくということが大切になります。

 

ADHDとアスペルガー症候群の違いは?

 

割と勘違いしている方も多いのですがADHAとアスペルガー症候群は違うものになります。どちらも発達障害としてまとめられますが症状が異なりますので、対応も治療もことなります。

 

簡単に違いを説明しますが、ADHDというのは多動性、不注意、衝動性といった症状があり原因は解明されていない発達障害になっていますが、脳の前頭葉の働きに機能障害を引き起こしているのではないかといわれています。

 

一方でアスペルガー症候群の症状としてはコミュニケーション問題、対人関係の障害、一つのことに対する興味やこだわりといった書状があり、原因は前頭葉の下前頭回などの社会的活動の際の脳の部位に機能異常があるといわれていますので、これだけで大きく違うということが解るでしょう。

 

ADHDの症状に関してですが、注意力を持続できずに集中することが苦手な不注意、じっとしていることが出来ずに常に体を動かしてしまう多動性、何か思いついたらすぐに行動してしまう衝動性というものがADHDの特徴的な症状になります。

 

次にアスペルガー症候群の症状ですが、会話は表面上は出来るのですが裏側や間を読むということが苦手であり言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうコミュニケーション問題、場の空気を読むことが出来ずに寄り添った言動が苦手で社会的なルールを無視した言動になってしまう対人関係の障害などが症状としてあります。

 

また限定された物事に対して過剰に熱中してしまうという傾向があるということも症状として出てきます。このように症状から全く違ったものになりますので、全く別物であるということを認識しておきましょう。

 

ADHDを改善するには?

 

ADHDの治療というのは薬物投与や行動療法によって対処されますが、食事療法や生活改善によって症状が落ち着くことがあるということを知っていますでしょうか。

 

まず食事療法による改善について簡単に説明しますが、食事はとにかくバランスよく食事をとり砂糖を過剰に摂取しないことが大切になります。砂糖を摂取すると体内のビタミンやミネラルを使いすぎてしまうとされており、それによってADHDの方はイライラしたりする症状が出てきてしまいますので砂糖は控えるようにしましょう。

 

次に生活する上での改善に関してですが、指示を出してもらう際には簡潔に出してもらうようにしましょう。そして苦手なことは誰かに一緒にしてもらうように助けを求めるようにしましょう。困ったことがあれば自分だけで解決しないようにするということも非常に重要なことになります。

 

そして生活環境の改善も有効でありポスターやテレビなど集中力が散漫してしまう原因となるものはなくすようにしましょう。さらに必要なものに関しては置く場所を決めておくようにしてください。

 

最後は人間関係改善についてですが、やはり人づきあいをしていく中でADHDであるということは最初に伝えておくといいでしょう。そして相手に自分の状況をしっかりと理解してもらうということも大切なことになります。こういったことを実践しつつ自分で改善したり薬を使って症状を抑えたりするということが重要なことになります。

 

ADHDにミネラル成分が効くの?

 

人間は日々、栄養補給をしていますが、この栄養補給や日常生活を工夫することによってADHDの症状が軽くなることがあります。もちろん度合いもありますし全員が全員治ると言うことではありますが軽減する可能性はあります。

 

薬の摂取で症状改善をすることができますが、その前に出来ることがないかと探している場合はまず環境を変えるということが重要であり栄養補給についても考えるといいでしょう。現在も多くの栄養補給とADHDの研究が行われており降下があるものもありますので、今回はADHDとミネラルについてのかかわりについて紹介します。

 

ミネラルというのはそもそも何かについて説明しますが、これは鉱物なのではありますが栄養素としてはカルシウム、鉄といった健康維持に必要なものであり、他にもナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素などがあります。つまりミネラルは総称になりますので摂取する上でバランスよく摂取することが重要になります。

 

また、ADHDに役立つミネラルというのはどういったものがあるのかというと、カルシウムとマグネシウムと鉄と亜鉛になります。これらがADHDの症状を軽減するとされていますが、もちろん度合いだったり、個人差がありますので必ず効果があるということはありません。ですが可能性はありますので、是非摂取することをオススメします。

 

ADHDに向いた職業は?

 

ADHDかもしれないと不安に思ったことがありますでしょうか。そもそもADHDというのは注意力欠如、多動性障害という発達障害の一種になります。

 

症状としては順序だてての作業や計画をたてることが出来ない、注意力散漫によるケアレスミスが多い、約束を忘れる、時間に遅れる、片付けが苦手、長い説明をされるのが苦手、手間がかかる、興味のあることに集中しすぎてしまう、長時間座っていることが苦手、静かに出来ないなどがあります。

 

これらの症状に多く当てはまってしまうとADHDなのかもと不安に思ってしまうでしょう。ちなみにチェック項目なども調べればありますので、そういったもので自分がADHDでないかどうかをチェックしてみるといいでしょう。子供の頃にADHDに気付く方も居ますが、子供というのはADHDでなくてもそういったことが起こるので気付かないこともあり、大人になって自分がADHDであると気付くこともあります。

 

また、症状によっては仕事などに影響してしまうことがあり、お金などの計算だったりと正確性が求められることでミスをしてしまうということでトラブルになってしまうことがあります。

 

では、どういった仕事が向いているのかというと、ADHDに向いているといわれている仕事は出会いナー、栗エイター、演出家、芸術家、料理人、芸能人、小説家、作家、企業家、社長、研究職、スポーツ選手、訪問修理などといわれています。

 

逆に向いていない仕事はデスクワーク、ライン作業、チェック業務、機械操作、運転手、経理、校閲など正確性が求められるものは良くないとされています。こういったことを理解して自分に合う仕事を探すようにしましょう。

 

 

 
Copyright(c) 2017 ADHDサプリランキング@子どもから大人までOK! All Rights Reserved.